半田の弁護士による借金問題・債務整理相談

半田みなと法律事務所

半田みなと法律事務所

半田の弁護士による
借金問題・債務整理相談

アクセス

無料駐車場28台完備
名鉄河和線 青山駅徒歩8分
半田インターから車で3分

お気軽にお問い合わせください

0569-25-0008

営業時間:平日9:00~18:00(夜間及び土日祝は応相談)
電話受付時間:9:00~21:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

過払い金返還請求

過払い金とは

過払い金とは、貸金業者が利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことをいいます。この利息は本来支払うべき金額以上のお金なので、貸金業者から差額分を返還してもらうことができます。

過払い金返還請求ができる人

借入期間が年以上、かつ金利が18%を超える方は過払い金の返還請求ができる可能性が高いです。

過払い金返還請求のメリット・デメリット

メリット
☑貸金業者に払いすぎたお金を取り戻すことができます。
☑ブラックリスト(信用情報)などには掲載されません。

デメリット
☑過払い金返還請求に時間を要します。

弁護士に頼むメリット

☑煩雑な手続きは弁護士が対応しますので、時間を取られることはほとんどありません。
☑弁護士は貸金業者との交渉経験が豊富なので、依頼者の方個人で交渉をするよりもより良い条件を勝ち取ることができます。

過払い金返還請求の流れ

①契約後債権者に受任通知書を発送

委任契約を締結後、速やかに受任通知を各債権者へ送付します。この通知により各債権者からの取立、督促はストップします。

②債権の調査

これまでの取引履歴を取り寄せます。開示された取引履歴をもとに利息制限法に基づき引き直し計算をし、債務額を確定します。

③債権の確定

正しい借金の額を計算しなおします。

④引きなおし計算をし、過払い金が発生していた場合は請求開始

計算によって算出した金額をもとに貸金業者に対して返還請求をし、返還金額、返還期日について話し合いをしていきます。

⑤交渉、和解

和解成立後、当事務所と貸金業者双方にて合意書を作成します。

⑥過払い金の返還

⑦まとまらないときは過払い金返還請求訴訟を起こし、裁判になります。

裁判をして過払い金を回収する場合

業者によっては、取引当初からの明細を出してこなかったり、過払い金の返還に同意しない場合があります。そのような時は、過払い金返還請求訴訟(正式には、不当利得返還請求訴訟)を起こし、裁判で争うことになります。

①~③までは同じ

④訴訟提起

訴状提出日から1~2ヶ月後に第一回口頭弁論期日が設けられます。双方の主張・反論を1回~数回行い、一通り出尽くしたら裁判所が最終的に判断します。多くの場合、訴訟上あるいは訴訟
外で和解することになります。
期日には弁護士が出席しますので、尋問が行われる場合などを除いて、依頼者の方は出席する必要がありません。過払い金返還請求訴訟において、尋問が行われることはめったにありません。

⑤判決・和解調書・合意書の作成

和解に至らなかった場合は、裁判所が判決を下します。訴訟外で和解が成立した場合は、合意書を作成し訴訟を取り下げます。

⑥過払い金の返還

指定口座に入金されれば、手続きが終了します。

過払い金返還請求の費用(税別)

着手金0円、弁護士報酬20%

過払い金返還請求依頼者の声

毎月高い利息を返済しているので、元本が一向に減らず、夫婦ともに疲弊していました。過払い金返還請求についてネットで知り、先生に相談したところ、250万円ほどあった借金が無くなり、更に過払い金が800万円ほど戻ってきました。
今では生活にもゆとりが生まれ、穏やかな生活を送れています。

 

 

関連ページ

お客様の声

解決事例

 

 

お問い合わせ
  • 半田みなと法律事務所半田みなと法律事務所
  • メールでのお問い合わせ

〒475-0925
愛知県半田市宮本町三丁目217番地21 
セントラルビル2階203号室

0569-25-0008

営業時間:平日9:00~18:00(夜間及び土日祝は応相談)
電話受付時間:9:00~21:00(年中無休)